会長挨拶

2018-19年度
今年度クラブ運営について

会長 佐々木雅之

本年度RIのバリーラシン会長のテーマは、「インスピレーションになろう」です。

これは、

  • 何か大きなことに挑戦しようというインスピレーションを、クラブやほかのロータリーアンに与えてください。自分よりも長く、後世にも生き続けるものを生み出すために、行動を起こす意欲を引き出していただきたい。
  • また、ロータリーアンの魂、すなわち、より良い世界への切望、そしてより良い世界を作ることは可能だという、心の奥深くにある真の自覚を呼び起こすことから始めてください。

ということですが、

小山ガバナーによりますと、私たちロータリーアンは、世界で、地域社会で、そして自分自身の中で持続可能な良い変化を生むために、人々が手を取りあって行動する世界を目指す。このビジョン実現の想いを宣言したスローガンが「インスピレーションになろう」ではないかと言っておられました。

これでも何か、難しいように感じられます。
また、小山ガバナーの地区目標は、

1 組織を活性化しよう

会員の維持・増加の推進、女性会員の増強、クラブ役員・地区委員への若手の登用の推進

2 ロータリーの認識、理解を深めよう

会員研修の充実・強化、クラブ相互間・グループ相互間等のコミュニケーションの活発化、ガバナー月信の内容充実、電子化の推進

3 地域社会との関わり合いを深めよう

人道的奉仕活動の推進、ロータリー財団補助金の活用、青少年活動の支援・強化、地域社会との連携、公聴活動の推進

以上を掲げられました。

これらのRIテーマ、地区目標を踏まえまして今年度の札幌幌南ロータリークラブのテーマは、「強いクラブにしよう」ということを考えました。

強いクラブ、そのためには、まずは、会員増強が必要となります。

そして会員の皆様の満足度を高めることが必要となります。

クラブの現状の問題点、課題、危機感、そしてビジョンを共有することで会員同志の一体感は高まっていくものと思います。

ロータリーの理念、RIの活動、プログラムに対する理解度が深まれば会員の皆さまのロータリーへの参加意欲が高まっていくものと思います。

そうなることによって、自分のクラブの良さを他人に話せるようになれば、誰かを誘いたいなという思いになるかと考えます。

これは、会員の皆さまのご協力なしでは、達成することはできませんのでどうか皆様のお力をお借りできればと思います。

本年度は、会員増強は、純増5名を目指させていただきます。

次に、会員の皆様と語り合い、わくわくするようなクラブの将来を考えていきたいなと思います。

早く例会に行きたいな、毎週驚きやら、ワクワク感を持てる、そういうクラブになればと思っております。

また、衛星クラブの独立の件ですが、会員皆様のご協力で10月位をめどにできそうであります。会の運営等大変こともあろうかと思いますが、是非、頑張っていただければと思います。

そして、札幌幌南ローターアクトクラブでございますが、今年度は数名からのスタートとなります。是非、ローターアクトクラブの会員増強にもご協力いただければと思います。

以前、塚原パストガバナーのご講演で、東京ロータリークラブの創設者の米山梅吉さんのお話を頂きました時に是非一度、米山梅吉記念館に訪問したいなと思っておりました。今年9月15日(土)に訪問する予定となっております。また今年度の目玉行事には、親子暗唱大会が10回目を迎えますので盛大にプログラムを考えていきたいなと思います。

まだまだ、たくさんの行事、プログラムがございますが、これらは、会員の皆さまのご協力なしでは、実現できません。是非、皆様のご協力をお願いいたしたいと思います。

この歴史と伝統ある幌南ロータリークラブを引き継ぎ次にバトンタッチしていきたいと思います。1年間どうぞよろしくお願いいたします。

クラブバナー
札幌幌南ロータリークラブバナー
2018-19年度RIテーマ
2018-19年度テーマ「インスピレーションになろう」